食事や睡眠などの生活習慣への影響

睡眠中の途中で起きてしまう

睡眠中、途中で起きてしまい、その後眠れなくなってしまうことがありませんか。それが毎日のように続くようであればうつ状態を起こしているかもしれないので心療内科に受診する必要があります。うつ病患者は、睡眠障害を起こしていることが多いからです。逆にいくら眠っても寝足りないで常に眠い状態の場合も、心療内科に受診するのが有効です。しかし一時的なものかもしれないと思い、受診するのを戸惑っているのであれば、2週間を目安にすることがポイントになります。2週間経っても症状が改善されないなら心療内科へ受診することをおすすめします。心療内科というと少し敷居が高いような感じがしますが、思っているよりも心療内科は敷居が高いものではありません。風邪をひいた時のように気軽に受診しましょう。

食欲がなく何を食べても美味しくない

食欲があまりない、何を食べても美味しいと感じられないなどの症状が現れている場合も心療内科に受診することが大切です。これらの症状もうつ病を起こしている恐れがあるので、早めに受診することがポイントになります。食欲不振の他にも、頭痛がする、集中力が続かない、何をするにもおっくうであるなどの症状も現れている場合も注意が必要です。体調がすぐれないけどまだ働くことできると思っていても、症状はどんどん進行している場合があります。日常生活に支障が出る前に受診することが大切です。「いつもと少し違うな」くらいの時でも心療内科への診てもらうことはできるので、軽い気持ちで病院に行くようにしましょう。その方が早く回復して元気に活動できるようになるからです。また睡眠障害や食欲不振は、うつ病以外にも他の病気が隠されているかもしれないので早めに診てもらうのが有効です。

© Copyright Treat Psychological Diseases. All Rights Reserved.