カウンセリングを行うための臨床心理士の在否

臨床心理士は「心」の専門家

臨床心理士は、人間の心の問題を扱う心理専門職の一つです。内閣府の認可を受けた協会が試験を実施しており、この試験に合格することで臨床心理士の資格を取得できます。心療内科の医師は、患者の心の病を診断して、その病気を治すために投薬を行うのが主な仕事となります。一方で臨床心理士は、患者が抱えている心の問題にアプローチし、患者自身の力で回復できるようにサポートしていくことが主な役割です。臨床心理学にもとづく知識や技術を使ってカウンセリングを行いますが、医師ではないため投薬などの医療的治療はできません。つまり、病気の治療は心療内科の医師が、カウンセリングは臨床心理士が主に担当しており、役割が分けられているのです。

医師と臨床心理士との連携による治療効果

薬の治療だけでは、病気の原因となっている心の問題を解決することが難しい場合もあります。根本的な問題を解決しないことには、症状がなかなか改善しなかったり、再発したりする可能性もあるのです。そこで、医師と臨床心理士が連携することによって、薬の治療だけでなくカウンセリングも行えるため、より高い治療効果が期待できます。カウンセリングでは、心の中にある違和感や不安などの漠然とした感情を、少しずつ言葉にしていきます。そこから自分の思考や行動パターンを認識し、どうしたら良いパターンへと変えていけるのかを探っていくのです。カウンセリングも希望するのであれば、臨床心理士が在籍している心療内科を選ぶようにしましょう。

© Copyright Treat Psychological Diseases. All Rights Reserved.